PartDesign Fillet/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

PartDesign Fillet.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
PartDesign → Fillet
ワークベンチ
パートデザイン, Complete
デフォルトのショートカット
None
参照
Part Fillet


説明

このツールはオブジェクトの選択されているエッジにフィレット(丸み)を作成します。新しく独立したFilletエントリー(ドキュメント内に既にフィレットが存在する場合は末尾に連番が付けられます)がプロジェクトツリーに作成されます。

ツールを起動する前にオブジェクトのエッジを選択します。
Fillet parametersでフィレット半径を設定します。
フィレットオブジェクトがプロジェクトツリーにに追加されます。

使用方法

  • オブジェクト上の一つ、または複数のエッジを選択してアイコンをクリックするかメニューを開いてツールを起動します。
  • Tasksタブ内のFillet parametersで値を入力するかアップ/ダウンの矢印をクリックしてフィレット半径を設定します。設定した値は即座に表示に反映されます。
  • 値を有効にするためにOKをクリックします。
  • 他のエッジに接するエッジ列ではエッジを一本選ぶことができ、フィレットはエッジ列に沿って広がります。
  • この機能で有効化した後にフィレットを編集する場合はプロジェクトツリーのフィレットのラベルをダブルクリックするか、右クリックしてEdit Filletを選択してください。

PartDesign Fillet VS. Part Fillet

PartDesign Filletは Partワークベンチの対応する機能とは明確に異なります。アイコンは同じですが同じものではなく、使い方も異なります。

二つのツールの異なる点は以下の通りです:

  • The PartDesign Filletはパラメトリックです。フィレットを作成した後でその半径を編集することが可能です。これはPart Filletでは出来ません。
  • PartDesign Filletでは起動前にオブジェクト上のエッジを選択しておく必要があります。Part Filletではツールを起動してからソリッドやエッジを選択することが可能です。
  • PartDesign Filletはプロジェクトツリーに独立したFilletエントリー(ドキュメント内に既にフィレットが存在する場合は末尾に連番が付けられます)を作成します。Part Filletは適用されるオブジェクトの親になります。
  • PartDesignではツールを適用する前に適用されたオブジェクトのプレビューが表示されます。
  • Part Filletでは(開始位置半径と終了位置半径による)可変半径をサポートしています。PartDesign Filletでは可変半径をサポートしていません。
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg