Robot Workbench/ロボットワークベンチ

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Robot Workbench and the translation is 29% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
български • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎magyar • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(繁體)‎ • ‎中文(台灣)‎

Workbench Robot.svg

Introduction

ロボットワークベンチはKukaのような産業用6軸ロボットのシミュレートのためのツールです。 以下の作業を行うことができます:

  • ロボット、加工物とシミュレーション環境のセットアップ
  • 軌道の作成と書き込み
  • CAD部品形状を軌道に分解
  • ロボットの動作と到達可能範囲のシミュレート
  • ロボットプログラムファイルへの軌道のエクスポート

You can do the following tasks:

  • Set up a simulation environment with a robot and work pieces.
  • Create and fill up movement trajectories.
  • Decompose features of a CAD part to a trajectory.
  • Simulate the robot movement and reaching distance.
  • Export the trajectory to a robot program file.

以下で例を見ることができます: サンプルファイル または ロボットのチュートリアル

Robot Workbench example.jpg

ツール

ロボット設定を作成するのに使う主要なコマンドです。

ロボット

6軸ロボットを作成、管理するためのツール

軌道

軌道を作成し、操作するためのツールです。パラメトリックなものと非パラメトリックなものの二種類があります。

非パラメトリック

パラメトリック

スクリプト処理

このセクションは以下のスクリプトから生成されています: http://free-cad.svn.sourceforge.net/viewvc/free-cad/trunk/src/Mod/Robot/RobotExample.py?view=markup 必要であればこのファイルを直接使用することもできます。

See the Robot API example for a description of the functions used to model the robot displacements.

チュートリアル