PartDesign LinearPattern/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

PartDesign LinearPattern.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
PartDesign -> LinearPattern
ワークベンチ
パートデザイン, Complete
デフォルトのショートカット
None
参照
None


イントロダクション

'形状の直線状パターンを作成' - このツールは一つ、または複数の選択されている形状を入力として受け取り、指定された方向にもう一つ同じ形状を作成します。例:

Linearpattern example.png

オプション

Linearpattern parameters.png

直線状パターンの作成時には'linear pattern parameters'ダイアログで二つの異なるパターン方向指定方法のいずれかを選択することができます。

基準軸

ラジオボタンで XYZのいずれかの基準軸を選択することが可能です。また'Reverse direction'のチェック切り替えることでパターンの方向を反転させることができます。

面を選択

'Direction'ボタンを押すと既存のソリッドの選択されている面、またはエッジを使って方向を指定することができます。面が選択されている場合はパターンの方向は面の法線方向になります。新しい面、エッジを選択した場合は再度このボタンを押す必要があることに注意してください。

元形状を選択

リストビューにはパターン化される形状である'元形状'が表示されます。任意の形状をクリックするとそれがリストに追加されます。

距離と数

パターンによって覆われる距離とパターン形状の総数(元形状を含む)を指定します。例えば距離150に総数6でパターンを作成した場合、間隔30(150割る5:6つのパターン形状の間の数は5だからです!)でパターンが作成されます。

制限事項

  • パターン形状が2つの特殊な場合を除いてパターン形状が互いに重なることはできません。
  • 元形状の支持物に重なっていないパターン形状は取り除かれます。これはPartDesignの形状は常に一つの連続したソリッドで構成されなければならない、という条件を満たさなければならないためです。
  • その他の制限についてはミラー機能を参照してください。


ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg