Mesh API/Meshオブジェクト

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Mesh API and the translation is 83% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎magyar • ‎italiano • ‎日本語 • ‎română
(November 2018) This information may be incomplete and outdated. For the latest API, see the autogenerated API documentation.


Meshオブジェクトに対しては新しいファセットの追加、ファセットの削除、STLファイルからのインポート、メッシュの変換などの操作を行うことができます。何ができるのかを全て概観するにはメッシュモジュールドキュメントも参照してください。メッシュオブジェクトを既存のドキュメントに直接追加することはできません。それを行うにはドキュメントにメッシュをサポートするプロパティクラスを持つオブジェクトを作成する必要があります。 例:

m = Mesh.Mesh()
... # メッシュを操作
d = FreeCAD.activeDocument() # アクティブなドキュメントの参照を取得
f = d.addObject("Mesh::Feature", "Mesh") # メッシュフィーチャーを作成
f.Mesh = m # メッシュオブジェクトを内部のプロパティに代入
d.recompute()


Method.png addFacet ( Facet )

説明: メッシュにファセットを追加します。

戻り値:


Method.png addFacets ( list )

説明: メッシュにファセットのリストを追加します。

戻り値:


Method.png addMesh ( Mesh )

説明: メッシュと別のメッシュをつなぎ合わせます。

戻り値:


Method.png clear ( )

説明: メッシュを消去します。

戻り値:


Method.png coarsen ( )

説明: メッシュを粗くします。

戻り値:


Method.png collapseEdge ( Edge )

説明: エッジとエッジを共有する両側のファセットを削除します。

戻り値:


Method.png collapseFacet ( Facet )

説明: ファセットを削除します。

戻り値:


Method.png collapseFacets ( list )

説明: ファセットのリストを削除します。

戻り値:


Method.png copy ( )

説明: メッシュのコピーを作成します。

戻り値: Meshオブジェクト


Method.png countComponents ( )

説明: 位相的に独立した領域の数を取得します。

戻り値: 整数


Method.png countNonUniformOrientedFacets ( )

説明: 不正な方向を向いたファセットの数を取得します。

戻り値: 整数


Method.png countSegments ( )

説明: セグメントの数を取得します。0となる場合もあります。

戻り値: 整数


Method.png crossSections ( )

説明: 複数の平面によっるメッシュの断面を取得します。

戻り値:


Method.png difference ( Mesh )

説明: 与えられたMeshオブジェクトとの差分を計算します。

戻り値:


Method.png fillupHoles ( )

説明: 穴を埋めます。

戻り値:


Method.png fixDeformations ( )

説明: 歪んだファセットを修正します。

戻り値:


Method.png fixDegenerations ( )

説明: 縮退したファセットを削除します。

戻り値:


Method.png fixIndices ( )

説明: 全ての無効なインデックスを修正します。

戻り値:


Method.png fixSelfIntersections ( )

説明: 自己干渉を修正します。

戻り値:


Method.png flipNormals ( )

説明: メッシュの法線を反転します。

戻り値:


Method.png foraminate ( )

説明: ファセットのインデックスと干渉している点のリストと取得します。

戻り値:


Method.png getPlanes ( )

説明: 全てのメッシュの平面をセグメントとして取得します。最悪の場合、各三角形が一つの平面と見なされる場合があります。つまり隣接するファセットで同一平面上に乗るものがない場合です。

戻り値:


Method.png getSegment ( integer )

説明: 一つのセグメントを構成するファセットのインデックスのリストを取得します。

戻り値:


Method.png getSeparateComponents ( )

説明: 異なる構成要素(別れた領域)を保持するリストを分割されたメッシュとして返します。

戻り値: リスト


Method.png harmonizeNormals ( )

説明: 不正な向きのファセットを調整します。

戻り値:


Method.png hasNonManifolds ( )

説明: メッシュにノンマニホールドな形状があるかどうかチェックします。

戻り値: ブール値


Method.png hasNonUniformOrientedFacets ( )

説明: メッシュに矛盾する向きのファセットがあるかどうかチェックします。

戻り値:


Method.png hasSelfIntersections ( )

説明: メッシュに自己干渉があるかどうかチェックします。

戻り値:


Method.png inner ( )

説明: 共通集合内部のパーツを取得します。

戻り値:


Method.png insertVertex ( Vertex )

説明: ファセットに頂点を挿入します。

戻り値:


Method.png intersect ( Mesh )

説明: 与えられたメッシュとの共通集合を計算します。

戻り値:


Method.png isSolid ( )

説明: メッシュがソリッドとなっているかどうかをチェックします。

戻り値:


Method.png meshFromSegment ( )

説明: セグメントからメッシュを作成します。

戻り値:


Method.png nearestFacetOnRay ( tuple, tuple )

説明: 直線(レイ/光線)に最も近接するファセットの交点とインデックスを取得します。一番目のパラメーターは三つのfloat値のタプルで直線の始点を、二番目のパラメーターは三つのfloat値のタプルで方向を表します。結果はインデックス付きの辞書と交点、あるいは交点がない場合は空の辞書です。

戻り値: 辞書


Method.png offset ( float )

説明: 法線に沿って点を動かします。

戻り値:


Method.png offsetSpecial ( float )

説明: 法線に沿って点を動かします。

戻り値:


Method.png optimizeEdges ( )

説明: ファセットの形が良くなるようにエッジを最適化します。

戻り値:


Method.png optimizeTopology ( )

説明: ファセットの形が良くなるようにエッジを最適化します。

戻り値:


Method.png outer ( )

説明: 共通集合外部のパーツを取得します。

戻り値:


Method.png printInfo ( )

説明: メッシュに関する詳細情報を取得します。

戻り値:


Method.png read ( )

説明: ファイルからメッシュを読み込みます。

戻り値:


Method.png refine ( )

説明: メッシュを細かくします。

戻り値:


Method.png removeComponents ( integer )

説明: 与えられたファセット数より少なくなるように構成要素を削除します。

戻り値:


Method.png removeDuplicatedFacets ( )

説明: 二重定義されたファセットを削除します。

戻り値:


Method.png removeDuplicatedPoints ( )

説明: 二重定義された点を削除します。

戻り値:


Method.png removeFacets ( list )

説明: メッシュからファセットのインデックスのリストを削除します。

戻り値:


Method.png removeFoldsOnSurface ( )

説明: 表面上のしわを削除します。

戻り値:


Method.png removeNonManifolds ( )

説明: ノンマニホールドな形状を削除します。

戻り値:


Method.png rotate ( )

説明: メッシュに対して回転を適用します。

戻り値:


Method.png setPoint ( int, Vector )

説明: インデックスの点を設定します。

戻り値:


Method.png smooth ( )

説明: メッシュを滑らかにします。

戻り値:


Method.png snapVertex ( )

説明: 縁に新しいファセットを挿入します。

戻り値:


Method.png splitEdge ( )

説明: エッジを分割します。

戻り値:


Method.png splitEdges ( )

説明: 全てのエッジを分割します。

戻り値:


Method.png splitFacet ( )

説明: ファセットを分割します。

戻り値:


Method.png swapEdge ( )

説明: 隣接ファセットと共有するエッジをスワップします。

戻り値:


Method.png transform ( )

説明: メッシュに変換を適用します。

戻り値:


Method.png transformToEigen ( )

説明: メッシュを固有基底に変換します。

戻り値:


Method.png translate ( Vector )

説明: メッシュに変換を適用します。

戻り値:


Method.png unite ( Mesh )

説明: メッシュと別のメッシュをつなぎ合わせます。

戻り値:


Method.png write ( string )

説明: ファイルにメッシュオブジェクトを書き込みます。

戻り値:


Method.png writeInventor ( )

説明: OpenInventor形式のメッシュを文字列に書き込みます。

戻り値: 文字列


Property.png Area

戻り値: メッシュオブジェクトの面積


Property.png CountFacets

戻り値: メッシュオブジェクトのファセット数


Property.png CountPoints

戻り値: メッシュオブジェクトの頂点数


Property.png Facets

戻り値: ファセットのコレクション。この属性を使うと次のようにしてメッシュのファセットにアクセスできます。for p in mesh.Facets: print p


Property.png Points

戻り値: メッシュの点のコレクション。この属性を使うと次のようにしてメッシュの点にアクセスできます。for p in mesh.Points: print p.x, p.y, p.z


Property.png Topology

戻り値: タプルでの点と面のインデックス


Property.png Volume

戻り値: メッシュオブジェクトの体積


Property.png BoundBox

戻り値: オブジェクトのバウンディングボックス


Property.png Matrix

戻り値: 行列形式でのオブジェクトの現在の変換


Property.png Placement

戻り値: Placement形式でのオブジェクトの現在の変換