Main Page/ja untranslated

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Main Page and the translation is 94% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
български • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎


はじめに

これはFreeCADのドキュメントwikiです。マニュアルを参照するには、ユーザーハブを探索する方法と、マニュアルを参照する方法の2つの方法があります。 FreeCADのユーザーと開発者のコ​​ミュニティによって作成された作業です。情報が間違っているか見つからない場合は、help FreeCAD

FreeCAD

Template:Downloads

Rim bling.png

a screenshot showing version 0.12. See more screenshots


Loading latest commits...

Loading latest issues...



Loading facebook widget...

FreeCADCAD、MCAD、CAxCAEPLMなどのための汎用のフィーチャーベース・パラメトリック3Dモデラーで、機械工学製品設計だけでなく、建築やそれ以外のエンジニアリング専門分野などエンジニアリングの幅広い分野での利用に向いています。100%のオープンソースであり、高度にモジュール化されているため非常に高度な拡張、カスタマイズが可能です。

FreeCADは強力なジオメトリーカーネルであるOpenCasCadeをその基盤とし、Coin3DライブラリによるOpenInventorに準拠した3Dシーン表現モデルと幅広いPython APIをその特徴としています。インターフェイスはQtによって作成されています。FreeCADはWindows、Mac OSX、Linuxのプラットフォーム上で完全に同じ様に動作します。

Right arrow.png 詳細はこちらから...

主な特徴

  • Feature1.jpg
完全なOpenCASCADE-Technologyベースのジオメトリーカーネルによって複雑な形状に対して複雑な3D操作が可能です。またBREP、NURBS、ブーリアン演算、フィレットといった概念をネィティブでサポートしています。
  • Feature6.jpg
    モジュールアーキテクチャによってコアアプリケーションに機能追加するためのプラグイン(モジュール)を使用することが可能です。全く新しいアプリケーションと同じくらい複雑なものから、Pythonスクリプトや自己記録マクロと同じくらいシンプルなものまでさまざまな拡張機能を作成できます。
  • Feature3.jpg
    完全なパラメトリックモデルによって任意のパラメトリック駆動カスタムオブジェクト型を使用可能です。これらのオブジェクト型をPythonで完全にプログラムすることも可能です。
  • Feature7.jpg
    拘束ソルバーを持ったスケッチャーによってジオメトリー拘束された2D形状のスケッチが可能です。現在、スケッチャーでは複数の拘束ジオメトリー型を作成し、それらをFreeCADで他のオブジェクトを作成する際の土台として使うことができます。
  • Feature9.jpg
    ロボットの動作を研究するためのロボットシミュレーションモジュールを使用可能です。ロボットモジュールには既にGUIだけでのワークフローを可能にする拡張グラフィカルインターフェイスが備わっています。


開発中

  • Feature8.jpg
    3Dモデルの2Dビューをシート上に配置することを可能にするドローイングシートモジュール。さらにこのモジュールはエクスポート用のSVG、PDFシートを作成します。このモジュールはまだ未完成ですが既に強力なPythonの機能を提供しています。
  • Feature-raytracing.jpg
    外部レンダラを使ったレンダリング用の3Dモジュールエクスポートを可能にするレンダリングモジュール。現在サポートされているのはPOV-Rayだけですが将来的には他のレンダラにも拡張される予定です。
  • Feature-arch.jpg
    BIMライクなワークフローを可能にするIFCと互換性のある建築モジュール。Archモジュールの作成についてはこのコミュニティによって激しい議論が行われています。
  • Feature-assembly.jpg
    複数の形状、複数ドキュメント、複数ファイル、複数の関連物での作業を可能にするアセンブリモジュール。


マニュアル

FreeCADマニュアルはFreeCADの使用についての最先端のドキュメントを提供するためにコミュニティの努力のもと常に作業が行われており、既に複数の言語で利用可能です。まだマニュアルには多くの情報が欠けています。遠慮せずに参加と貢献を行ってください!

参加しよう

参加方法

もしあなたが私たちを手助けすることに興味があるなら、FreeCADプロジェクトにはやらなければならないことがたくさんあります。C++、Pythonプログラマのためのプログラミング作業もありますが、もしコーディングできなくてもやれることはたくさんあります。ドキュメントの執筆、初心者の手助け、アプリケーションとドキュメントの翻訳、あなたの好みのオペレーティングシステム用の最新のFreeCADリリースのパッケージング、あるいはたんにあなたの周りにいる人たちがFreeCADを見つける手助けをしてくれるだけでもかまいません。FreeCADを援助するというページにもっと詳しい説明があります。

ソースコード

FreeCADはcMakeまたはautotoolsを使ってコンパイルすることができます。Gitのリンクはgit://free-cad.git.sourceforge.net/gitroot/free-cad/free-cadで、WindowsUnix/LinuxMacOSXでのビルド手順も用意されています。

開発について

何が計画されているかについては開発ロードマップをチェックしてください。次のリリースに向けた作業の進捗についてはMantisのページである変更履歴ロードマップを、またFreeCADのコードベースについてのさらに詳しい情報についてはプロジェクトの統計を見てください。開発に関わるコミュニケーションは全てフォーラムで行われているので、もし参加したいのであれば必ず訪れてください。

どこでもFreeCADをフォローしよう!

Twitter.png Facebook.png Youtube.png Googleplus.png




This is the documentation wiki of FreeCAD. The information contained here is what forms the offline documentation shipped with FreeCAD itself. You have two main ways to browse through the documentation: by exploring user hubs, or by following the manual. It is a work in progress, written by the community of users and developers of FreeCAD. If you find information that is wrong or missing, please help!


ユーザーハブ

Crystal Clear app display.png
Users hub: このページには、FreeCADユーザ全員に便利なドキュメントが含まれています:すべてのワークベンチの一覧、FreeCADアプリケーションのインストール方法と使用方法、チュートリアル、および必要なものについての詳細な説明が含まれています。
Crystal Clear app terminal.png
Power users hub: このページには、上級ユーザーやPythonスクリプトの作成に興味のある人のためのドキュメントが集められています。また、マクロのリポジトリ、それらをインストールして使用する方法、およびあなたの特定のニーズに合わせてFreeCADをカスタマイズする方法の詳細もご覧いただけます。
Crystal Clear app tutorials.png
Developers hub: このセクションでは、FreeCADを自分でコンパイルする方法、FreeCADのソースコードがどのように構造化されているか、どのようにナビゲートするか、新しいワークベンチを開発する方法、FreeCADを独自のアプリケーションに埋め込む方法について説明します。


マニュアル

Crystal Clear manual.png
The FreeCAD manual は、このwikiに含まれる情報を表現するもう一つのより線形な方法です。 それは本のように読まれるように作られ、上のハブから他の多くのページにあなたを穏やかに紹介します。 ebook versions も利用できます。また、a couple of translations in pdf format

FreeCADマニュアルはFreeCADの使用についての最先端のドキュメントを提供するためにコミュニティの努力のもと常に作業が行われており、既に複数の言語で利用可能です。まだマニュアルには多くの情報が欠けています。遠慮せずに参加と貢献を行ってください!

目次

次の表は、FreeCADアプリケーションに同梱されているオフラインドキュメントのバックボーンを構成するこのwikiのすべての記事を示しています。 すでにいくつかの言語で利用可能です:

参加しよう

参加方法

もしあなたが私たちを手助けすることに興味があるなら、FreeCADプロジェクトにはやらなければならないことがたくさんあります。C++、Pythonプログラマのためのプログラミング作業もありますが、もしコーディングできなくてもやれることはたくさんあります。ドキュメントの執筆、初心者の手助け、アプリケーションとドキュメントの翻訳、あなたの好みのオペレーティングシステム用の最新のFreeCADリリースのパッケージング、あるいはたんにあなたの周りにいる人たちがFreeCADを見つける手助けをしてくれるだけでもかまいません。FreeCADを援助するというページにもっと詳しい説明があります。

help FreeCAD ページにすべての詳細が記載されています。 FreeCADは2016年からGoogle Summer of Code にも参加しています。 Contributors hubページは、FreeCADプロジェクトを支援し、貢献するための可能な方法を収集するためのもう一つの取り組みです。

ソースコード

FreeCADはcMakeまたはautotoolsを使ってコンパイルすることができます。Gitのリンクはgit://free-cad.git.sourceforge.net/gitroot/free-cad/free-cadで、WindowsUnix/LinuxMacOSXでのビルド手順も用意されています。

開発について

何が計画されているかについては開発ロードマップをチェックしてください。次のリリースに向けた作業の進捗についてはMantisのページである変更履歴ロードマップを、またFreeCADのコードベースについてのさらに詳しい情報についてはプロジェクトの統計を見てください。開発に関わるコミュニケーションは全てフォーラムで行われているので、もし参加したいのであれば必ず訪れてください。

Navigation menu