Interface Customization/ja

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Interface Customization and the translation is 38% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
български • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎

FreeCADのインターフェイスは現代的なQtツールキットを基盤としているため最先端の構成を備えています。ウィジット、メニュー、ツールバーやその他のツールは変更、移動、ワークベンチ間での共有が可能です。またキーボードショートカットを設定、変更したり、マクロを記録、再生したりすることもできます。カスタマイズ用ウィンドウはメニューのTools -> Customize で開くことができます。

Screenshot-customize.jpg

Customization tabs

Commandsタブではカテゴリーごとに分類された利用可能な全てのFreeCADコマンドを見ることができます。


Keyboardでは各FreeCADコマンドに関連付けられたキーボードショートカットを確認でき、必要な場合にはそれを変更したり任意のコマンドに新しいショートカットを割り当てることができます。もしあなたが特定のワークベンチを頻繁に使い、キーボードを使ってその操作をスピードアップしたいのであればぜひこの機能を利用してください。

ToolbarsタブとToolbox barsタブでは現在のツールバーを変更したり、あなた独自のカスタマイズしたツールバーを作成することができます。

Macrosタブでは保存されたマクロを管理することができます。

Create your Toolbars for your macro Customize Toolbars

Since FreeCAD 0.16 a new tool is available that lets you manage your workbenches.

CustomizeWorkbenches.png

ワークフローの例として、Draft Workbenchのカスタムツールバーにも[線形測定]ツールを表示するとします。

  • FreeCADでは、トップメニューからTools -> Customizeを選択してください。
  • select the "Toolbars" tab
  • on the left side choose "Part" in the pull down menu
  • on the left side in the lower window scroll down to the "Measure Linear" entry and select it
  • on the right side choose "Draft" in the pull down menu
  • click on New... to create a new toolbar and choose a name for it
  • 右下のウィンドウで目的のツールバーを選択します(複数のツールバーがある場合にのみ必要)
  • 青い「右矢印」(中央の行の一番上のアイコン)をクリックすると、選択したエントリが選択したツールバーに追加されます。

Remarks

When selecting "Global" in the pull down menu on the right side you will create a toolbar which will be visible in all workbenches.

For adding an installed macro to a toolbar you must

  • select "Macros" in the pull down menu on the left side
  • have assigned menu text, icon (Pixmap) and so on using the Tools → Customize → Macros menu