Getting started/はじめてみよう

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Getting started and the translation is 55% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
български • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(台灣)‎

序文

FreeCADは、CAD/CAE用のパラメトリックモデリングアプリケーションです。まだ開発の初期段階なので、すぐに作品の製作に使用できると期待しないように。これは主に機械設計用に作られていますが、3Dオブジェクトを精度良くモデル化し、モデリング履歴を制御する必要がある他のすべての用途にも使用できます。

でもFreeCADがどういったもので、またどういった機能が開発されているのか興味がある方は、是非ダウンロードして試してみてください。現時点では既にたくさんの機能が実装されています。しかしユーザーインターフェイスはまだ十分に開発されていません。したがって、もしあなたがPythonを少し知っていれば、比較的に簡単に複雑な形状の作成や修正にすぐに取りかかれますが、Pyhtonを知らなければ、FreeCADが提供する機能はまだほんの僅かであると感じるでしょう。でも待ってください、すぐに改善されますから。 評価後のアイデアや意見は、是非FreeCADディスカッションフォーラムで私たちと共有しましょう!

Like all open-source projects, the FreeCAD project is not a one-way work delivered to you by its developers. It depends much on its community to grow, gain features, and stabilize (get bugs fixed). So don't forget this when using FreeCAD; if you like it, you can directly influence and help FreeCAD!

インストール

まず初めに(まだ済んでいなければですが)FreeCADをダウンロードしてインストールしてください。ダウンロードページで現在のバージョンと更新を確認しましょう。インストールパッケージはWindows用(.msi)とUbuntuとDebian用(.deb)、openSUSE(rpm)とMac OSX用を用意しています。 See the インストール page for information about how to install FreeCAD.

FreeCADを試してみる

Freecad-interface.jpg
最初に起動するFreeCADインターフェイスです。他のスクリーンショットも参照してください。
  1. The 3D view, showing the contents of your document
  2. The tree view, which shows the hierarchy and construction history of all the objects in your document
  3. The property editor, which allows you to view and modify properties of the selected objects
  4. The report view (or output window), which is where FreeCAD prints messages, warnings and errors
  5. The Python console, where all the commands executed by FreeCAD are printed, and where you can enter python code
  6. The workbench selector, where you select the active workbench

FreeCADは汎用の3Dモデリングアプリケーションです。機械工学と、専門的なエンジニアリングや建築などの関連分野に重点を置いています。FreeCADは、限られた特定のタスクを実行するためだけではなく、あらゆる種類の3Dアプリケーションを開発するためのプラットフォームとして考えられています。このため、FreeCADのインターフェイスは一連の ワークベンチに分けられています。ワークベンチでは特定のタスクやタスクグループに必要なツールのみを表示するようにインターフェイスの内容を変更することができます。

つまりFreeCADのインターフェイスは、メニューバーや3Dビュー領域、及びシーンの内容やオブジェクトのプロパティを表示するための幾つかのサイドパネルを持つ、とてもシンプルな容れ物であると言えるでしょう。また、これらのパネルの全ての内容はワークベンチに応じて変更することができます。

Startcenter.jpg

For FreeCAD 0.17 see this start center screenshot.

初めてFreeCAD起動すると"一般的な"ワークベンチ(我々は”完全なワークベンチ”と呼びますが)が表示されます。このワークベンチは、他のワークベンチから最も完成されたツールを集めたものです。FreeCADはかなり若くまだ専門的な作業には使用されていませんから、このワークベンチはFreeCADをより簡単に知るうえでとても役に立つでしょう。基本的には、ジオメトリを作成するために十分なツールは全てこのワークスペースにあります。

3次元空間での操作

FreeCADは2つの異なる操作モードを持っており、ユーザー設定ダイアログまたは3Dビューでの右クリックで変更できます。これらのモードの詳細についてはマウスモデルのページを見てください。 デフォルトのモード("CAD操作モード")ではコマンドは以下の通りです。

FreeCAD has several different navigation modes available, that change the way you use your mouse to interact with the objects in the 3D view and the view itself. One of them is specifically made for touchpads, where the middle mouse button is not used. The following table describes the default mode, called CAD Navigation (You can quickly change the current navigation mode by right-clicking on an empty area of the 3D view):

選択 平行移動 拡大縮小 回転表示
Hand cursor.png Pan cursor.png Zoom cursor.png Rotate cursor.png
to Select to Pan to Zoom in or out to Rotate view
選択したいオブジェクトの上で左マウスボタンを押してください。Ctrlを押したまま操作すると複数のオブジェクトを選択できます。 マウス中央ボタンを押して動かしてオブジェクトを平行移動させます。 拡大縮小にはマウスホイールを使用してください。 まず中央マウスボタンを押し、そのまま表示されているオブジェクトの任意の点で左ボタンをクリックして好きな方向にドラッグします。こうすると中心の周りを回転する球のように回転が行われます。ドラッグを止める前にボタンを離すとオブジェクトは回転し続けます(有効になっている場合)。オブジェクト上の任意の点でマウスの中央ボタンをダブルクリックするとその点が回転、拡大縮小の原点に設定されます。
Select Pan Zoom Rotate view
First method
Rotate view
Alternate method
Hand cursor.png Pan cursor.png Zoom cursor.png Rotate cursor.png Rotate cursor.png
Mouse LMB.svg Mouse MMB hold.svg Mouse MMB rotate.svg Mouse MMB+LMB hold.svg Mouse MMB+RMB hold.svg
Press the left mouse button over an object you want to select.

Holding down Ctrl allows the selection of multiple objects.

Hold the middle mouse button, then move the pointer. Use the mouse wheel to zoom in and out.

Clicking the middle mouse button re-centers the view on the location of the cursor.

Hold the middle mouse button, then press and hold the left mouse button, then move the pointer.

The cursor location when the middle mouse button is pressed determines the center of rotation. Rotation works like spinning a ball which rotates around its center. If the buttons are released before you stop the mouse motion, the view continues spinning, if this is enabled.

A double click with the middle mouse button sets a new center of rotation.

Hold the middle mouse button, then press and hold the right mouse button, then move the pointer.

With this method the middle mouse button may be released after the right mouse button is held pressed.

Users who use the mouse with their right hand may find this method easier than the first method.

Ctrl+Mouse RMB.svg Ctrl+Shift+Mouse RMB.svg Shift+Mouse RMB.svg
Pan mode: hold the Ctrl key, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17 Zoom mode: hold the Ctrl and Shift keys, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17 Rotate mode: hold the Shift key, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17

Holding down Ctrl allows the selection of multiple objects. |Pan_text=Hold the middle mouse button, then move the pointer. |Pan_mode_text=Pan mode: hold the Ctrl key, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17 |Zoom_text=Use the mouse wheel to zoom in and out.

Clicking the middle mouse button re-centers the view on the location of the cursor. |Zoom_mode_text=Zoom mode: hold the Ctrl and Shift keys, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17 |Rotate_view_text=Hold the middle mouse button, then press and hold the left mouse button, then move the pointer.

The cursor location when the middle mouse button is pressed determines the center of rotation. Rotation works like spinning a ball which rotates around its center. If the buttons are released before you stop the mouse motion, the view continues spinning, if this is enabled.

A double click with the middle mouse button sets a new center of rotation. |Rotate_view_mode_text=Rotate mode: hold the Shift key, press the right mouse button once, then move the pointer. introduced in version 0.17 |Rotate_view_alt_text=Hold the middle mouse button, then press and hold the right mouse button, then move the pointer.

With this method the middle mouse button may be released after the right mouse button is held pressed.

Users who use the mouse with their right hand may find this method easier than the first method. }}

またViewメニュー、Viewツールバー、数値のショートカット( 1 2など...)からプリセットのビュー(トップビュー、フロントビューなど)が利用できます。

First steps with FreeCAD

FreeCAD's focus is to allow you to make high-precision 3D models, to keep tight control over those models (being able to go back into modelling history and change parameters), and eventually to build those models (via 3D printing, CNC machining or even construction worksite). It is therefore very different from some other 3D applications made for other purposes, such as animation film or gaming. Its learning curve can be steep, especially if this is your first contact with 3D modeling. If you are struck at some point, don't forget that the friendly community of users on the FreeCAD forum might be able to get you out in no time.

The workbench you will start using in FreeCAD depends on the type of job you need to do: If you are going to work on mechanical models, or more generally any small-scale objects, you'll probably want to try the PartDesign Workbench. If you will work in 2D, then switch to the Draft Workbench, or the Sketcher Workbench if you need constraints. If you want to do BIM, launch the Arch Workbench. If you are working with ship design, there is a special Ship Workbench for you. And if you come from the OpenSCAD world, try the OpenSCAD Workbench.

You can switch workbenches at any time, and also customize your favorite workbench to add tools from other workbenches.

Working with the PartDesign and Sketcher workbenches

Workbench Draft.png 2次元の製図


This template is now obsolete and is directly include in the original page

===作図オブジェクト===

オブジェクトを作成するためのツールです。

オブジェクトの変更

既存のオブジェクトを変更するためのツールです。これらのツールは選択したオブジェクトに対して動作します。もしオブジェクトを選択していない場合にはオブジェクトを選択するように促します。

  • Draft Move.png 移動: オブジェクト(複数可)をある位置から別の位置へ移動します
  • Draft Rotate.png 回転: 開始角から終了角へのオブジェクト(複数可)を回転します
  • Draft Offset.png オフセット: オブジェクトの線分を一定の距離だけ移動します
  • Draft Upgrade.png アップグレード: オブジェクトを結合し、1階層上のオブジェクトにします
  • Draft Downgrade.png ダウングレード: オブジェクトを解体し、1階層下のオブジェクトにします
  • Draft Trimex.png トリム/延長: オブジェクトをトリムまたは延長します
  • Draft Scale.png スケール: 選択したオブジェクト(複数可)を基点を中心にスケールします
  • Draft Edit.png 編集: 選択したオブジェクトを編集します
  • Draft PutOnSheet.png ドローイング: 選択されたオブジェクトをドローイングシートに書き込みます
  • Draft Shape2DView.png 2Dビュー成形: 別の3Dオブジェクトの平面化2Dビューであるような2Dオブジェクトを作成します
  • Draft WireToBSpline.png ワイヤーからB-スプラインへ: ワイヤーからB-スプラインへの変換、またその逆変換を行います
  • Draft AddPoint.png 点の追加: ワイヤーまたはB-スプラインへ点を追加します
  • Draft DelPoint.png 点の削除: ワイヤーまたはB-スプラインから点を削除します
  • Draft Draft2Sketch.png ドラフトからスケッチへ: ドラフトオブジェクトからスケッチへの変換、またその逆変換を行います
  • Draft Array.png 配列: 選択されたオブジェクトを円形または矩形に並べた配列を作成します
  • Draft Clone.png 複製: 選択されたオブジェクトを複製します

ユーティリティーツール

右クリックのコンテキストメニューから利用可能な追加ツールです。選択されているオブジェクトに依存して変わります。

Workbench Part.png 3Dパーツの作成

プリミティブ

プリミティブオブジェクトを作成するためのツールです。

  • Part Box.png ボックス: 寸法を指定してボックスを描きます
  • Part Cone.png 円錐: 寸法を指定して円錐を描きます
  • Part Cylinder.png 円筒: 寸法を指定して円筒を描きます
  • Part Sphere.png : 寸法を指定して球を描きます
  • Part Torus.png トーラス: 寸法を指定してトーラス(円環)を描きます

オブジェクトの変更

既存のオブジェクトを変更するためのツールです。変更するオブジェクトを選択して使用します。

  • Part Booleans.png ブーリアン: オブジェクトのブーリアン演算を行います
  • Part Fuse.png 結合: 二つのオブジェクトを結合します(和集合)
  • Part Common.png 共通部: 二つのオブジェクトの共通部分を抽出します(共通集合)
  • Part Cut.png 切り取り: オブジェクトを別のオブジェクトから切り取ります(減算)
  • Part Extrude.png 押し出し: オブジェクトの平面を押し出します
  • Part Fillet.png フィレット: オブジェクトのエッジをフィレット処理(丸め処理)します
  • Part Revolve.png 回転体: 別のオブジェクトを軸周りに回転させてオブジェクトを作成します
  • Part Section.png 分割: 分割面をオブジェクトに交差させることで切断面を作成します
  • Part Chamfer.png 面取り: オブジェクトのエッジを面取りします
  • Part Mirror.png ミラー: 指定された鏡面に対して選択されたオブジェクトの鏡像を作成します


2D図面へのエクスポート


This template is now obsolete and is directly include in the original page

2D図面を作成、設定、エキスポートするためのツールです。

外部レンダラーへのエクスポート

作成した3D作品を外部のレンダラーにエクスポートするためのツールです。


The PartDesign Workbench is specially made to build complex objects, starting from simple shapes, and adding or removing pieces (that we call "features"), until you get to your final object. All the features you applied during the modelling process are stored in a separate view called the tree view, which also contains the other objects in your document. You can think of a PartDesign object as a succession of operations, each one applied to the result of the preceding one, forming one big chain. In the tree view, you see your final object, but you can expand it and retrieve all preceding states, and change any of their parameter, which automatically updates the final object.

The PartDesign workbench makes heavy use of another workbench, the Sketcher Workbench. The sketcher allows you to draw 2D shapes, which are defined by applying Constraints to the 2D shape. For example, you might draw a rectangle and set the size of a side by applying a length constraint to one of the sides. That side then cannot be resized anymore (unless the constraint is changed).

Those 2D shapes made with the sketcher are used a lot in the PartDesign workbench, for example to create 3D volumes, or to draw areas on the faces of your object that will then be hollowed from its main volume. This is a typical PartDesign workflow:

  1. Create a new sketch
  2. Draw a closed shape (make sure all points are joined)
  3. Close the sketch
  4. Expand the sketch into a 3D solid by using the pad tool
  5. Select one face of the solid
  6. Create a second sketch (this time it will be drawn on the selected face)
  7. Draw a closed shape
  8. Close the sketch
  9. Create a pocket from the second sketch, on the first object

Which gives you an object like this:

Partdesign example.jpg

At any moment, you can select the original sketches and modify them, or change the extrusion parameters of the pad or pocket operations, which will update the final object.

Working with the Draft and Arch workbenches

The Draft Workbench and Arch Workbench behave a bit differently than the other workbenches above, although they follow the same rules, which are common to all of FreeCAD. In short, while the Sketcher and PartDesign are made primarily to design single pieces, Draft and Arch are made to ease your work when working with several, simpler objects.

The Draft Workbench offers you 2D tools somewhat similar to what you can find in traditional 2D CAD applications such as AutoCAD. However, 2D drafting being far away from the scope of FreeCAD, don't expect to find there the full array of tools that these dedicated applications offer. Most of the Draft tools work not only in a 2D plane but also in the full 3D space, and benefit from special helper systems such as Work planes and object snapping.

The Arch Workbench adds BIM tools to FreeCAD, allowing you to build architectural models with parametric objects. The Arch workbench relies extensively on other modules such as Draft and Sketcher. All the Draft tools are also present in the Arch workbench, and most Arch tools make use of the Draft helper systems.

A typical workflow with Arch and Draft workbenches might be:

  1. Draw a couple of lines with the Draft Line tool
  2. Select each line and press the Wall tool to build a wall on each of them
  3. Join the walls by selecting them and pressing the Arch Add tool
  4. Create a floor object, and move your walls in it from the Tree view
  5. Create a building object, and move your floor in it from the Tree view
  6. Create a window by clicking the Window tool, select a preset in its panel, then click on a face of a wall
  7. Add dimensions by first setting the working plane if necessary, then using the Draft Dimension tool

これはあなたにこれを与える:

Arch workflow example.jpg

Tutorialsページの詳細。

スクリプト

最後はFreeCADの最も強力な機能の一つ、スクリプト環境です 。統合されたPythonコンソールから(あるいは他の外部のPythonスクリプトからでも)、FreeCADのほとんど全ての機能へアクセスできます。ジオメトリの作成や修正、3Dシーンでのオブジェクトの表示方法の変更、FreeCADインターフェースへのアクセスや変更が可能です。Pythonスクリプトはまたマクロとしても使用され、カスタムコマンドを簡単に作成することができます。

新着情報