Fcstd file format/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

FreeCAD標準ファイルフォーマット(FreeCAD Standard file format)はFreeCADの主要なファイル形式で、さまざまな種類のデータの圧縮と埋め込みをサポートしています。

実のところ.fcstdファイルは.xmlファイルとデータファイルが入った.zipファイル以外の何物でもありません。.xmlファイルによって保存されたドキュメントとその他のデータファイルの扱い方が構造化されています。実際、いつでも.fcstdファイルを拡張子.zipでリネームして任意のzip用アプリケーションで開くことができます。

典型的なfcstdファイルの構造は次のとおりです:

--File.fcstd
 |
 --Document.xml
 --GuiDocument.xml
  |
  --Thumbnails
   |
   --thumbnail.png
  |
  --Templates
   |
   --MyPage.svg
 --Shape1.brep
 --Shape2.brep
 --etc...
Splash013.jpg

.fcstdファイルの内容

Document.xml

FreeCADドキュメント内の全てのオブジェクトが記述されたメインxmlファイルです。記述されているのはオブジェクトのジオメトリーとパラメータの定義だけで視覚表示の定義は含まれていません。FreeCADがコンソールモード(GUIなし)で実行される場合にはこのxmlドキュメントだけが使用されます。

GuiDocument.xml

Document.xmlファイルと対応するGUIです。Document.xmlに記述された各オブジェクトはGuiDocument.xmlに対応するオブジェクトを一つ持ち、それがオブジェクトの視覚表示(色、ライン幅など)を記述しています。

Thumbnails/thumbnail.png

保存時の3Dビューのスクリーンショットから作られた128x128ピクセルのドキュメントのサムネイル画像です。サムネイルはFreeCADのユーザー設定で対応するオプションを有効にした場合のみ生成されます。

Templates/*.svg

Templatesフォルダにはドローイングページで使用されるテンプレートsvgファイルが保存されています。

*.brep

Document.xmlでPartシェイプを持つ全てのオブジェクトの.brepシェイプがあります。各オブジェクトはたとえパラメトリックな物であってもそれぞれ.brepファイルとしてその形状が保存されています。これによって形状を再計算することなくコンポーネントにアクセスできます。

その他

ファイル変換ユーティリティのImageConvがあります。

ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg