Draft Text/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Draft Text.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Draft -> Text
ワークベンチ
製図, 建築
デフォルトのショートカット
T E
参照
None


説明

Textツールは現在のドキュメントの指定された点にテキスト文を挿入します。挿入には前もってTasksタブで設定されているテキストサイズと色が使用されます。

Draft Text example.jpg

使用方法

  1. Draft Text.png Draft Textボタンを押すか、Tキーを押した後でEキーを押します
  2. 3Dビュー上で一点をクリックするか、座標を入力します
  3. 適切なテキストを入力します。改行する場合はENTERキーを押します
  4. 操作を終了するにはENTERキーを二回押します

オプション

  • CTRLを押すと操作点が利用可能なスナップ位置にスナップします。
  • 手入力で座標を指定する場合は各X、Y、Z成分を数値で入力してからENTERを押してください。
  • ESCキーを押すと操作がキャンセルされます。
  • テキスト編集時にENTERキーまたはDOWN ARROWキーを押すと改行してテキスト編集を入力できます。
  • UP ARROWキーを押すと前の行に戻って編集を行えます。
  • ENTERキーを二回押すと(最終行が空白になり)ドキュメントにテキストが追加されエディターが終了します。

プロパティ

  • DATAPosition: テキストブロックの基点
  • DATALabel Text: テキストブロックの内容
  • VIEWDisplay Mode: テキストをシーン内の座標軸に合わせるか、カメラに向けるかを指定します
  • VIEWFont Size: 文字のサイズ
  • VIEWJustification: 基点に対してテキストを左に揃えるか、右に揃えるか、中央に揃えるかを指定します
  • VIEWLine Spacing: テキストの行間のスペースを指定します
  • VIEWRotation: テキストに適用される回転を指定します
  • VIEWRotation Axis: 回転で使用される軸を指定します
  • VIEWFont Name: テキスト表示に使用するフォント。"Arial"などのフォント名、"sans",や"serif"や"mono"などのデフォルトスタイル、"Arial,Helvetica,sans"などのファミリー、"Arial:Bold"などのスタイル名を使用することができます。指定されたフォントがシステム上に見つからない場合は一般フォントが代わりに使用されます。

スクリプト処理

以下の関数を使うことでマクロとPythonコンソールからTextツールを使用することが可能です。

makeText (stringまたはlist, [Vector], [screenmode]) : Textオブジェクトを作成します。Vectorが指定された場合、指定された点に
stringまたは指定されたリストに含まれる文字列が各行になって作成されます。
ユーザー設定で指定された現在の製図カラー、テキスト高さ、フォントが使用されます。
screenmodeがTrueの場合、テキストは常に視線方向を向き、それ以外の場合はXY平面に配置されます。
この関数は新しく作成されたオブジェクトを返します。

例:

import FreeCAD,Draft
Draft.makeText("This is a sample text",FreeCAD.Vector(1,1,0))
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg