Draft Scale/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Draft Scale.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Draft -> Scale
ワークベンチ
製図, 建築
デフォルトのショートカット
S C
参照
Draft Clone


説明

このツールは選択されているオブジェクト(複数可)を基点を中心に拡大縮小します。選択されているオブジェクトが無い場合はオブジェクトを選択するよう促されます。

Draft Scale example.jpg

使用方法

  1. 拡大縮小したいオブジェクトを選択します
  2. Draft Scale.png Draft Scaleボタンを押すか、Sキーを押した後でCキーを押します
  3. 3Dビュー上の一つ目の点をクリックするか、座標を入力します
  4. 3Dビュー上の別の点をクリックするか、座標を入力します

オプション

  • 手入力で座標を指定する場合は各X、Y、Z成分を数値で入力してからENTERを押してください。
  • 二つ目の点のX、Y、Z成分によって拡大縮小率が決まります。例えば(1,1,1)の場合には何も起こらず、(2,2,2)の場合は全ての方向に向かって2倍されます。また(-1,1,1)とするとX方向に対して鏡像反転します。
  • ALTキーまたはCキーを押すか、Copyボタンをクリックすると元のオブジェクトが拡大縮小される代わりにオブジェクトがコピーされます。ALTキーを押したままにするとALTキーを離すまでの間、さらにコピーを行うことができます。
  • 描画中にCTRLキーを押すと距離と無関係に最も近いスナップ位置に操作点をスナップすることができます。
  • SHIFTを押すとX、Yの値が連動するようになり、形状が歪むことを防ぐことができます。
  • 現在のコマンドを中断するにはESCキーまたはCancelボタンを押します。
  • 結果オブジェクトはDraft Cloneです。作成後に拡大縮小率を変更することが可能です。

スクリプト処理

以下の関数を使うことでマクロとPythonコンソールからScaleツールを使用することが可能です。

scale (objects,vector,[center,copy,legacy]): objectsに格納されたオブジェクト(オブジェクトのリストまたはオブジェクト)を拡大縮小します。
拡大縮小には指定されたvector(X、Y、Z方向)で定義された拡大縮小率が使用され、指定されたcenterを中心に行われます。
legacyがTrueの場合は(旧)ダイレクトモードが使用され、それ以外の場合はパラメトリックなコピーが作成されます。
copyがTrueの場合、オブジェクトは移動せず、代わりにコピーが作成されます。この関数は指定されたオブジェクト(またはそのコピー)を返します。

例:

import FreeCAD,Draft
Draft.scale(FreeCAD.ActiveDocument.ActiveObject,FreeCAD.Vector(2,2,2))
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg