Draft Rectangle/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Draft Rectangle.png {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Draft -> Rectangle
ワークベンチ
製図, 建築
デフォルトのショートカット
R E
参照
Part Box


説明

Rectangleツールは二つの向かい合う点のピックによって長方形を作成します。作成にはTasksタブに前もって設定されているライン幅と色が使用されます。

Draft Rectangle example.jpg

使用方法

  1. Draft Rectangle.png Draft Rectangleボタンを押すか、Rキーを押した後でEキーを押します
  2. 3Dビュー上で一つ目の角となる点をクリックするか、座標を入力します
  3. 3Dビュー上で対角の点をクリックするか、座標を入力します。長方形は表示上はワイヤーフレームで表示されている場合でも面として定義されています。

オプション

  • 点を指定した後でXY、またはZを押すと次の点を指定した軸上に拘束できます。
  • 手入力で座標を指定する場合は各X、Y、Z成分を数値で入力してからENTERを押してください。
  • Rを押すか、チェックボックスをクリックしてRelativeボタンのチェック/非チェックを切り替えてください。相対(Relative)モードがオンの場合、二つ目の点の座標は一つ目の点に対する相対値として扱われ、オフの場合は二つとも原点(0,0,0)からの絶対座標として扱われます。
  • Tキーを押すかContinueボタンのチェックボックスをクリックしてチェック/非チェックを切り替えてください。継続モードがオンの場合は処理終了後にRectangleツールが再スタートし、再度Rectangleボタンを押すことなく処理を継続できます。
  • 描画中にCTRLキーを押すと距離と無関係に最も近いスナップ位置に操作点をスナップすることができます。
  • 描画中にSHIFTキーを押すと最後に入力した点に対して水平方向、垂直方向に次の点を拘束することができます。
  • 描画後に長方形が面として表示されるようにするにはIまたはFilledボタンを押します。 これはたんに長方形のView->Propertyの"Flat lines"と"Wireframe"を切り替えるだけで、後で簡単に変更できます。
  • 現在のRectangleコマンドを中断するにはESCキーまたはCancelボタンを押してください。

プロパティ

  • DATALength: 長方形の高さを指定します
  • DATAWidth: 長方形の幅を指定します
  • DATAFillet Radius: 長方形の角の曲率半径を指定します
  • VIEWTexture Image: 長方形上にマッピングされる画像ファイルのパスを指定できます。歪まないようにマッピングするには長方形を画像と同じ縦横比に設定してください。このプロパティを空白にすると画像を取り除くことができます。

スクリプト処理

以下の関数を使うことでマクロとPythonコンソールからRectangleツールを使用することが可能です。

makeRectangle (length, width, [placement], [facemode]) : X方向の長さとY方向の高さを指定してRectangleオブジェクトを作成します。
placementが指定された場合はその値が使用されます。facemodeがFalseの場合、長方形はワイヤーフレームで表示されます。
それ以外の場合は面として表示されます。現在の製図ライン幅と色が使用されます。
この関数は新しく作成されたオブジェクトを返します。

例:

import FreeCAD,Draft
Draft.makeRectangle(10,4)
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg