Draft Point/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Draft Point.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Draft -> Point
ワークベンチ
製図, 建築
デフォルトのショートカット
P T
参照
None


説明

Pointツールは現在の作業平面上にシンプルな点を作成します。こういった点は後で別のオブジェクトを配置する時の目印として便利です。点にはTasksタブであらかじめ設定されているが使用されます。

Draft point example.jpg

使用方法

  1. Draft Point.png Draft Pointボタンを押すか、Pキーを押した後でTキーを押します。
  2. 3Dビュー上で点をクリックするか、座標を入力します

オプション

  • 手入力で座標を指定する場合は各X、Y、Z成分を数値で入力してからENTERを押してください。
  • 現在のPointコマンドを中断するにはESCキーまたはCancelボタンを押してください。

プロパティ

  • DATAX: 点のX座標
  • DATAY: 点のY座標
  • DATAZ: 点のZ座標

スクリプト処理

以下の関数を使うことでマクロとPythonコンソールからPointツールを使用することが可能です。

makePoint([x],[y],[z]) : 指定された座標に点を作成します。
X、Y、Z座標が指定されなかった場合、(0,0,0)に点が作成されます。この関数は新しく作成されたオブジェクトを返します。

例:

import Draft
Draft.makePoint(6,4,2)
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg