Draft Circle/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Draft Circle.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Draft -> Circle
ワークベンチ
製図, 建築
デフォルトのショートカット
C I
参照
Draft Arc


説明

Circleツールは現在の作業平面上に円を作成します。作成は中心と半径の二点、または接線のピック、あるいはそれらの任意の組み合わせの入力によって行われます。作成にはTasksタブに前もって設定されているライン幅と色が使用されます。 半径入力後に終了することを除けばこのツールはDraft Arcツールと同じように動作します。

Draft Circle example.jpg

使用方法

  1. Draft Circle.png Draft Circleボタンを押すか、Cキーを押した後にIキーを押します
  2. 3Dビュー上で一点目をクリックするか、座標を入力します
  3. 3Dビュー上で二点目をクリックするか、半径の値を入力します

オプション

  • 基本的にはCircleツールは中心点と円周上の半径を定義するための点の二点のピックによって使用します。
  • ALTキーを押すと点をピックする代わりに接線を選択できるようになります。さらに第一、第二、第三の接線を選択することでさまざまな種類の円を作成することができます。
  • 手入力で座標を指定する場合は各X、Y、Z成分を数値で入力してからENTERを押してください。
  • Tキーを押すかContinueボタンのチェックボックスをクリックしてチェック/非チェックを切り替えてください。継続モードがオンの場合は the Circle tool will restart after you give the second point, allowing you to draw another circle without pressing the Circle button again.
  • 描画中にCTRLキーを押すと距離と無関係に最も近いスナップ位置に操作点をスナップすることができます。
  • 描画中にSHIFTキーを押すと一つ目の点に対して水平方向、垂直方向に二つ目の点を拘束することができます。
  • 作成後に円が面として表示されるようにするにはIキーまたはFilled ボタンを押してください。円のView->Propertyの"Flat lines"と"Wireframe"を簡単に切り替えられます。この設定は後から簡単に変えられます。
  • 現在のCircleコマンドを中断するにはESCキーまたはCancelボタンを押してください。
  • プロパティの開始角と終了角を異なる値に設定することで作成後に円を円弧に変えることができます。

プロパティ

  • DATARadius: 円の半径

スクリプト処理

以下の関数を使うことでマクロとPythonコンソールからCircleツールを使用することが可能です。

makeCircle (radius, [placement], [facemode], [startangle], [endangle]):指定された半径の円オブジェクトを作成します。
placementが指定された場合はその値が使用されます。facemodeがFalseの場合、円はワイヤーフレームとして表示されます。
それ以外の場合は面として表示されます。startangleとendangleの両方が指定された場合(単位は度)、その値が使用されて
オブジェクトは円弧として表示されます。この関数は新しく作成されたオブジェクトを返します。

例:

import Draft
myCircle = Draft.makeCircle(2)
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg