CompileOnMac/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search

Mac OS X は BSD(UNIX)ベースなので、Mac上でのFreeCADのコンパイルはCompileOnUnixと大きく違いませんが、すべての機能を適切に動かすには、Mac特有の重要な点がいくつかあります。 この説明内容は、Lion(10.7)でテストしていますが、(Snow) Leopardが動くIntel Macでも同様に"動くはず"です。

FreeCAD sources のダウンロード

FreeCADのsourceの最新リビジョンをSourceforge subversion リポジトリからチェックアウトします。

svn co http://free-cad.svn.sourceforge.net/svnroot/free-cad/trunk free-cad

依存パッケージのインストール

Mac OS X 10.7上では、以下の依存パッケージがバンドルされていないので、FreeCADのビルドの前にインストールする必要があります。

  • sip
  • fortran
  • xerces-c
  • boost
  • eigen
  • ftgl
  • coin3d
  • OpenCASCADE
  • Qt
  • pyqt
  • soqt


選択肢 1: Homebrew

"注意" : このセクションは、現在修正中です!フォーラムで最新の投稿を確認してください。

https://forum.freecadweb.org/viewtopic.php?f=4&t=2064&p=15405

Homebrewパッケージマネージャをダウンロードし、インストールします。:

http://mxcl.github.com/homebrew/

FreeCADのほとんどの依存パッケージをコンパイルし、インストールします。:

brew install sip gfortran xerces-c boost eigen coin qt pyqt soqt ftgl

CompileOnMac/jp#OpenCASCADEの構築を確認します。

選択肢 2: MacPorts/Fink

注意:このセクションは更新する必要があります。

(まだMacPortsをインストールしていない場合は) MacPortsをインストールします。 MacPortsは、1つのコマンドで一般的なオープンソースのアプリケーションをダウンロード、コンパイル、インストールできます。UNIX/Linuxの世界では、PKCSRCやAPTに似ているアプリケーションです。インストールするには、MacPortsサイトからディスクイメージをダウンロードして、指示に従ってください。:

http://www.macports.org/install.php

MacPortsをインストールした直後かどうかにかかわらず、MacPortsが最新かどうかを確認したくなるでしょう。以下を実行します。:

sudo port selfupdate

そうすると、MacPortsがインストールされ、最新版になり、FreeCADが必要とするパッケージのインストールをはじめることができます。:

  • xercesc
  • boost
  • py-sip
  • ftlg
  • f2c
  • eigen3
  • py-pyqt4

以下のコマンドで、上記のライブラリをコンパイル/インストールできます。もしMacPortsがエラーを出力したら、それらを一つずつ試すことになるでしょう。

sudo port install xercesc boost ftgl f2c eigen3 py-sip py-pyqt4

py-sipやpy-pyqt4のようなpythonパッケージは各MacPortsのPythonのバージョンに対応したパッケージが1つずつあるため、複数のパッケージがあることに注意が必要です。

boostは大きなパッケージです。また、py-pyqt4にはqt4-macが必要でこれも大きなパッケージです。 長いビルドの間に、何が起こっているかを確認するために、port -v instsall を実行したくなるでしょう。

QT4はQtウェブサイトからMac用のバイナリインストーラも利用可能です。 この方法がFreeCADのコンパイルにどのようにうまくいくかは、よくわかりません。


Fortran コンパイラのインストール

FOATRANコンパイラも必要です。Appleで分岐したOSX上のgccはFORTRANが付属していません。

GFortranのコンパイラはここにあり、うまく動作するでしょう:

http://gcc.gnu.org/wiki/GFortranBinaries#MacOS

もしfinkを使っているならば、他の方法としては、次のコマンドを利用することです。(Shaneyfelt 2100.Nov.14)

 sudo fink selfupdate
 sudo fink install gcc46

これは、appleのgccコンパイラコレクションと名前の衝突を避けるために、別のgccコンパイラコレクションをgcc-4という名前でインストールします。

MacPortsのgcc4xパッケージもFORTRANコンパイラを含んでいるので、これでも動作するはずです:

sudo port install gcc46


他の候補となるMacPortsパッケージはg95です。これは有効なFORTRAN90コンパイラと思われ、FreeCADのcmakeコンフィグレーションテストを通るはずですが、実際の構築ではgcc固有のオプションを尋ねられると思われます。そのため、gcc4xを使うのが簡単です。

Eigen3のインストール

最新版のeigen3ライブラリを以下からダウンロードし、解凍します:

http://eigen.tuxfamily.org/index.php?title=Main_Page

これらはソルバー機能のために必要です。解凍すると、'Eigen'という名前のフォルダが以下に作成されます。

/usr/local/include/eigen3/

OpenCASCADEの構築

現在、OS X上でのOpenCASCADEの構築で最も簡単な方法は、コミュニティ版(oce)を使うことです。ソースコードをダウンロードするか、以下のGitレポジトリからチェックアウトしてください:

https://github.com/tpaviot/oce

それから、端末で以下を実行します:

mkdir build
cd build
cmake ..
cd ..
make
make install/strip

FreeCAD.appテンプレートのダウンロードと'インストール'

次のアーカイブはFreeCAD用のアプリケーションバンドルのテンプレートを含んでいます。これは必ずしも必要ではありませんが、デフォルトのインストール構成よりも便利にFreeCADを操作できます。バンドルの推奨インストール場所は/Applicationsフォルダですが、あなたはどこにでもそれを置くことができるはずです - FreeCADがさらに修正されずにコンパイルとインストールされた後では、バンドルが移動できないことを覚えておいてください。次のステップでコンフィグレーションを使用して、make installを実行すると、このバンドルにインストールされます。

http://dl.getdropbox.com/u/103808/FreeCAD/FreeCAD_bundle_template_20091128.tar.gz

コンパイル

FreeCADルートフォルダ内から、以下のコマンドでFreeCADのコンフィグレーション、コンパイル、インストールします。もし、FreeCAD.appバンドルを /Application以外のどこかに置く(もしくはバンドルを使わない)場合は、'PREFIX'引数を適宜変更してください。

./autogen.sh
	
PREFIX=/Applications/FreeCAD.app/Contents

If you installed dependencies using Option 1 (Homebrew): 選択肢1(Homebrew)を利用して依存関係パッケージをインストールした場合:

注意: このコンフィグレーションコマンドは検証しておらず、エラーを含んでいるかもしれません!

./configure --with-xercesc-lib=/usr/local/lib --with-xercesc-include=/usr/local/include \
--with-boost-lib=/usr/local/lib --with-boost-include=/usr/local/include \
--with-qt4-dir=/usr/local--with-qt4-lib=/usr/local/lib --with-qt4-include=/usr/local/include \
--with-qt4-framework=/usr/local/lib --with-qt4-bin=/usr/local/bin --with-occ-lib=/usr/local/lib \
--with-occ-include=/usr/local/include/oce  --with-coin=/usr/local/lib --with-soqt=/usr/local/lib \
--prefix=/Applications/FreeCAD.app/Contents --bindir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/MacOS \
--libdir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Frameworks/FreeCAD \
--includedir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Resources/include \
--datarootdir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Resources/share --enable-debug=no  \
--with-python-include=/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.5/Headers

もしくは、選択肢2(MacPorts/Fink)を利用して依存関係パッケージをインストールした場合:

./configure --with-xercesc-lib=/opt/local/lib --with-xercesc-include=/opt/local/include \
--with-boost-lib=/opt/local/lib --with-boost-include=/opt/local/include \
--with-qt4-dir=/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.0 --with-qt4-lib=/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.0/lib \
--with-qt4-include=/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.0/include --with-qt4-framework=/Library/Frameworks \
--with-qt4-bin=/usr/local/Trolltech/Qt-4.8.0/bin --with-occ-lib=/usr/local/lib \
--with-occ-include=/usr/local/include/oce  --with-coin=/Library/Frameworks \
--with-soqt=/Library/Frameworks --prefix=/Applications/FreeCAD.app/Contents \
--bindir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/MacOS --libdir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Frameworks/FreeCAD \
--includedir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Resources/include \
--datarootdir=/Applications/FreeCAD.app/Contents/Resources/share --enable-debug=no  \
--with-python-include=/System/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.5/Headers

その後、以下を実行します:

make	
make install

あなたのマシンの処理能力に応じて、makeのステップにはしばらく時間がかかります。

実行

全てが上手く入ったら、.appバンドルをダブルクリックするとFreeCADが起動するはずです。もし何か問題が生じたら、以下に詳細を投稿してください help forum.

PyQt4

一部のユーザは、FreeCADの起動時に "No Module named PyQt4" というメッセージに直面すると報告しています。以下はそれを修正する回避策です:

cd /Library/Python/2.6/site-packages
sudo ln -s /contrib/lib/python2.6/site-packages/PyQt4 .
sudo ln -s /contrib/lib/python2.6/site-packages/sip* .
cd /volatile/FreeCAD-r5443-ser/bin/pivy
cp _coin.dylib _coin.so
cd /volatile/FreeCAD-r5443-ser/lib
for i in *.dylib; do j=`basename $i .dylib`; cp $i $j.so; done

Pivy

FreeCADのコンポーネントの一部は、Pivyが無いと動きません。 部分的な構築の説明として、ここを見てください。

Available translations of this page: Flag-es.jpg Flag-fr.jpg