Arch Module

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Arch Module and the translation is 32% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
български • ‎čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎українська • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎中文(繁體)‎ • ‎中文(台灣)‎
Arrow-left.svg Previous: Workbenches

Workbench Arch.svg

建築ワークベンチによって近代的なBIMワークフローをFreeCADで使用することができます。IFCサポート、壁や構造要素や窓といった完全にパラメトリックな建築物の構成要素、優れた2Dドキュメント制作といった機能がサポートされています。また建築ワークベンチでは製図ワークベンチの全てのツールが使用できます。

The Arch Workbench provides a modern building information modelling (BIM) workflow to FreeCAD, with support for features like fully parametric architectural entities such as walls, structural elements, roofs, windows, stairs, pipes, and furniture. It supports industry foundation classes (IFC) data, and production of 2D floor plans in combination with the TechDraw Workbench.

The Arch Workbench imports all the tools from the Draft Workbench, as it uses 2D objects to build its architectural objects. Nevertheless, Arch can also use solid objects created on other workbenches like Part and PartDesign.

建築ワークベンチによって近代的なBIMワークフローをFreeCADで使用することができます。IFCサポート、壁や構造要素や窓といった完全にパラメトリックな建築物の構成要素、優れた2Dドキュメント制作といった機能がサポートされています。また建築ワークベンチでは製図ワークベンチの全てのツールが使用できます。

Screenshot arch window.jpg

構築用ツール

建築用オブジェクトを作成するためのツールです。

  • Arch Wall.png : 選択されているオブジェクトを基礎として壁を作成します
  • Arch Structure.png 構造要素: 選択されているオブジェクトを基礎として構造要素を作成します
  • Arch CompRebarStraight.png Rebar tools: The Reinforcement Addon augments the Arch Workbench Structures.
    • Arch Rebar Straight.png Straight Rebar: Creates a Straight reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar UShape.png UShape Rebar: Creates a UShape reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar LShape.png LShape Rebar: Creates a LShape reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar BentShape.png Bent Shape Rebar: Creates a Bent Shape reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar Stirrup.png Stirrup Rebar: Creates a Stirrup reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar Helical.png Helical Rebar: Creates a Helical reinforcement bar in a selected structural element
    • Arch Rebar.png Rebar: Creates a custom reinforcement bar in a selected structural element using a sketch
  • Arch Floor.png : 選択されているオブジェクトを含む床を作成します
  • Arch Building.png Building: 選択されているオブジェクトを含む建造物を作成します
  • Arch Site.png サイト: 選択されているサイトを含む建造物を作成します
  • Arch Window.png : 選択されているオブジェクトを基礎として使って窓を作成します
  • Arch SectionPlane.png 断面: ドキュメントに断面を追加します
  • Arch Axis.png 座標系: ドキュメントに座標系を追加します
  • Arch Roof.png 屋根: 選択されている面から傾斜屋根を作成します

修正用ツール

These are tools for modifying architectural objects.

  • Arch Add.png 追加: 構成要素にオブジェクトを追加します
  • Arch Remove.png 削除: 構成要素からオブジェクトを減算したり削除したりします

ユーティリティ

特定の作業を補助するための付加的なツールです。

  • Arch SplitMesh.png メッシュの分割: 選択されているメッシュを別々の構成要素に分割します
  • Arch MeshToShape.png メッシュからシェイプへ: 同一面を統合しつつメッシュをシェイプに変換します
  • Arch RemoveShape.png シェイプの削除: 三次元シェイプベースの建築オブジェクトを完全にパラメトリックなものに変えます
  • Arch SelectNonSolidMeshes.png 非ソリッドなメッシュを選択: 現在の選択オブジェクトまたはドキュメントから全ての非ソリッドなメッシュを選択します
  • Arch CloseHoles.png 穴埋め: 選択されているシェイプベースオブジェクトの穴を埋めます
  • Arch Check.png 検証: 選択されているオブジェクトが欠陥を含んでいないソリッドであるかどうかをチェックします

Preferences

  • Preferences-arch.svg Preferences: preferences for the default appearance of walls, structures, rebars, windows, stairs, panels, pipes, grids and axes.

ファイル形式

  • IFC : Industry Foundation Classes形式(インポートのみ)
  • DAE : Colladaメッシュ形式
  • OBJ : Objメッシュ形式(エクスポートのみ)

API

The Arch module can be used in Python scripts and macros using the Arch Python API functions.

Tutorials


Arrow-left.svg Previous: Workbenches