Arch Add

From FreeCAD Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Arch Add and the translation is 31% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
čeština • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎română • ‎русский • ‎svenska • ‎Türkçe • ‎中文(中国大陆)‎

Arch Add.svg {{{Name/jp}}}

メニュー位置
Arch -> Add
ワークベンチ
建築
デフォルトのショートカット
None
参照
Arch Remove


説明

Addツールは2種類の操作を提供します:

  • シェイプベースのオブジェクトを骨組みといった Archコンポーネントに追加します。これらのオブジェクトはArchコンポーネントのパーツとなってその高さや厚みといった基本プロパティを保持するだけでなく、その形状を変更する機能を提供します。
  • 骨組みセルあるいはなどのセルベースのオブジェクトといったArchコンポーネントを追加します。
  • axis systemsstructural objectsを追加する
  • section planesにオブジェクトを追加する

The counterpart of this tool is the Arch Remove tool.

Arch Add example.jpg

上の図では壁に直方体が追加されています。

使用方法

  • 追加するオブジェクト(複数可)を選択してから"ホスト"となるオブジェクトを選択してください(最後に選択したものがホストオブジェクトになります)
  • Arch Add.png Addボタンを押してください

スクリプト処理

Add ツールは、macros/マクロやPythonコンソールから次の関数を使って使うことができます:

addComponents(objectsList, host)
  • Adds the given object or the objects from the given list as components to the given host Object. Use this for example to add windows to a wall, or to add walls to a floor.
  • Returns nothing.

例題:

import FreeCAD, Arch, Draft, Part

p1 = FreeCAD.Vector(0, 0, 0)
p2 = FreeCAD.Vector(2000, 2000, 0)

Line = Draft.makeWire([p1, p2])
Wall = Arch.makeWall(Line, width=150, height=2000)

p3 = FreeCAD.Vector(0, 2000, 0)
p4 = FreeCAD.Vector(3000, 0, 0)

Line2 = Draft.makeWire([p3, p4])
Wall2 = Arch.makeWall(Line2, width=150, height=2000)
FreeCAD.ActiveDocument.recompute()

Arch.addComponents(Wall2, Wall)
FreeCAD.ActiveDocument.recompute()